2010年 03月 11日 ( 1 )   

素敵な出会い♪   

今朝は雪かきから始まった一日でした。でも、一日で溶けてくれました(^^)

妹は、一日ごとに元気になってきている様子です。顔に精気がどんどん戻ってきているという感じかな!

今日の私は実家で姫達とランチをしてから、病院へ行きました。
その時、ランチ中の姫っこ達をビデオに撮ってみたんです。
妹はビデオ見て喜んでくれていました~!また撮って持っていこう!日常の映像って面白いですね!

「ママの所へ行ってくるね」と言うと、ちゃんと「いってらっしゃーい!」と言ってくれた姫っこ達。
ダダもこねず。
「ママはオチチひとつ取っちゃったんだよ」というと、「知ってるー」と言い、「切ったんだよね?」と姫。
おませなので、「でも腕も上がるようになったんだよね」なんて言っちゃって‼! 母が教えたのかしらん?

チビ姫は「チチひとちゅ残ってる?残ってる?」と言い、「残ってるよ」というとニコ~♪ 


病院では、今朝はシャワーとリハビリの勉強会があったみたい。
腕も一生懸命動かしているようです。
少しピアノを弾きに行こうと言うので、ピアノコーナーに行きました。患者さんが自由に弾けるよう、少し裏側に入ったところにアップライトが一台置いてあるんです。

楽譜も寄付で置いて行かれたものが沢山あるので、ソナチネなど、妹は弾いていました。
あれれ・・・いつもと同じじゃない!結構上手じゃない(^^)なんて言いながら、リハビリにもなるね、と楽しみながら弾きました。
また、簡単な卒業の曲などメロディと伴奏を二人で連弾したり・・

そうこうしていたら、他の患者さんもいらして、その中に同じ乳癌の女性と出会いました。
年齢も1歳違い、子供も姫達と全く同じ年齢の女の子、またまた住んでいる所も近所、そして、乳癌のレベルもそっくり。病室もおとなり。

ただ、その方は、希望を全く失っていて、ピアノも明日のオペ前に弾き納めに来たとか・・・もう弾けなくなると思われていて。
でも、2日前に同じくリンパまで取った妹が弾けているのを見て、希望がでたそうです。それだけでも、とっても嬉しいです。
また、妹は自分自身と異なり、他人が困っているとがぜん頑張ってしまうタイプで、一所懸命励ましていました。それって妹の免疫も上げるんじゃないかな!

製薬会社の方から、『一番最後に人間に必要な「生きたい」と思う気持ち、を持たせる薬だけは、どうやっても開発できない、自分で作るしかない』と言われたのよ、それこそ免疫を上げる、とか、『沢山泣きましょう!私も沢山泣いたけれど、きっとそれだけ強くなれると思う』、とか・・・

私は、そんな妹の強い言葉に感動しましたよ♪ 強くなったな~!あんなに弱かったのに・・・そしてきっと、他人の悲しみへの共感も出来る人になったのでしょう。

その方がレパートリーを弾いてくれました。
ちょっと縁起悪いけど・・と言いながらショパンの「別れの曲」を。
妹が「では、おっぱいにさようなら、悪いとこ持っていってね、という別れの意味にしましょ!」と言ってね(^^)

彼女の一所懸命演奏する後ろ姿を見ながら、妹は涙がポロポロ・・・彼女へと自分への沢山の思いがあふれているんでしょう。
それを横目に私も涙が止まりませんでした。

妹はその方とお話しながら、お互い励まし合いながら、またきっと強くなっていくでしょう。

今日はきっと妹の免疫あがったぞ!!

そして、私にも感動を有難う。心が震えるってこういう事なんですよね。

聞きに来ていた年配の女性患者さんに、「あなた達、まだまだ若いんだから、必ず生きるのよ!生き抜くのよ!ガッツよ!」って言われていました。とても温かい言葉でした。

今日は少し長くなってしまいました・・・
人との出会いって不思議ですね♪ 

みんなみーんな、回復に向かっていきますように・・・と帰りの電車の中でも涙をこらえながら、祈っていた私でした。
[PR]

by jojo1609 | 2010-03-11 00:20 | 乳がん