2010年 02月 11日 ( 1 )   

“頑張ったで賞”を♪   

昨日、やっと妹の最後の抗がん剤点滴が終わりました。

CEF3か月、タキソール3カ月、計半年間。その間沢山の副作用がありました。
吐き気に始まり、脱毛、しびれや倦怠感など。。。
私が知らないだけで、きっともっともっとたくさん・・・

後ろ向きになりそうな気持ちに一所懸命励ましの言葉をかけて、いっぽづつ。。。

そして、何よりも、抗がん剤が始まる前の、ほぼ1か月にわたる検査の時期、この間はガンの状態がどんなものであるのかが全く分からず、先が真っ暗で何にも見えなくて、精神的には本当に辛かったです。

治療の方針や化学療法の内容が決まった時、希望の道筋が見えた様で、私は少しホッとしました。

そのあとの抗がん剤の副作用も、“ガンをやっつけるんだ”と私にも妹にも言い聞かせて、妹には頑張ってもらった。
本当に、本当に、よく頑張りました。

姫達も、病気になったママを受け入れて、いたわって、知らず知らずに成長してきた気がします。
脱毛した妹の頭を初めて見た姫が、妹の頭をなでてくれたと聞いて、私は涙してしまった。

そして、実家で過ごしたCEF期間の3か月間、姫は幼稚園を休園し、パパさんは週末だけ実家に会いに来て、乗り越えました。
あの時は暑い夏だったんだな~。そして、秋も過ぎて、今は冬。

大きな1段階がやっと終わったんです!

次のステージ、オペに向けて、また気持を切り替えなければならないけれども、オペは多分来月。

昨日の副作用が落ち着けば、しばし体調のいい時が来るのかな(^^)


これからも、治療は続くけれども、この半年を乗り越えた精神力は、きっと何かの自信につながったはず。
前向きに、いっぽづつ頑張っていきましょうね~
[PR]

by jojo1609 | 2010-02-11 22:52 | 乳がん