2009年 08月 12日 ( 1 )   

教科書   

今日は、私の教科書にしている本を紹介します。

e0182506_22353123.jpg
著者:南雲 吉則(ナグモクリニック総院長)
発行:㈱主婦の友社


☆本のポイント
 ・難解な医学用語をわかりやすく説明
 ・専門的内容が、具体的に図解、写真等で
  説明されていてわかりやすい
 ・医者へ聞くポイントも記載されている。
  (質問リストつき)
 ・体験談や、レシピ、化粧法など、多彩に渡り
  フォローされている


妹が乳癌とわかった時、私もすべて病気を把握してサポートしなければ・・と色々と本屋で立ち読みをしましたが、私を悲観的にさせるものが多くてなかなか買う気が出ませんでした。
この本を手にとって感じたのは、本から「優しさ」が伝わってきたことです。

「はじめに」と4ページに渡っての先生のコメント、とても温かくてまるで私や妹に語りかけているよう・・・不安で一杯だった私には大げさでなく、目頭が熱くなるコメントでした。
そして、「この本を読んでわからないことがあれば、私(先生)に連絡してください」 と巻末に質問カードもついています。
質問するかは別として、この本を作製するにあたっての先生や編集チームの気持が伝わってきたのです。

妹の病状説明を復習しながら、この本で調べて納得しています。
本当にわかりやすい説明ですよ~!
「怖くて病気の本はまだ読めない」という妹に代わり、通訳になってるjojo?かな。
フフ!タグもいっぱいつけちゃってます。お世話になってま~す053.gif
[PR]

by jojo1609 | 2009-08-12 23:13 | 乳がん