ショック!抗がん剤延期!   

今日は、妹の第4回目のCEF投与。今回でCEFは最後になります。

・・・が  白血球の値が低く、点滴してもらえませんでした007.gif

前回がすんなりクリアできていたものだから、あまり深く考えず、もちろん点滴できるだろう、なんて根拠なく思ってしまっていた私。(妹も・・)
今回は、中間の白血球チェックがなかったから、我々の方も少し油断してしまったのかもしれません。
今週の副作用さえ乗り切れば!!!と、みんなして少し張り切ってしまっていたかも・・・
そんな時は余計に落ち込みも大きいものです。

妹は、とても落ち込んでいて、疲れが一気に出てしまった感じ。

1週間延期されたことで妹家族の色々な予定が狂い、どう調整しようか、病院から家に着くまでずーっとグルグル、グルグル悩んでいました。

「自宅に明日にでも戻って、姫を明後日の遠足に行かせてあげるべきか・・」
(すでに、姫には「ママの治療のため遠足にはいけないのよ」と納得してもらっていますが・・)
「来週まで実家でゆっくりし、自分の体調を第一に考えるべきか・・・」
「2週間も幼稚園を休ませてしまうなんて、姫が可哀想・・それに、パパも心配・・」などなど。


今日は、私もついて行ったのですが、病院のテラスでふたりお弁当を食べて、検査結果待ちの時間つぶしの話し相手になれたくらいで、何しに行ったんだか・・・

始めは「なんで抗がん剤してくれないのよ~ブツブツ047.gif」といった勢いの妹だったので、ちょっとなだめたり・・

姫には、たくさん我慢させてしまってることがあり、妹の苦悩も痛いほどわかります。
「ママはご病気だから・・」と自分に言い聞かせるように、自分の希望を我慢する4才・・・
時には無理に明るく振る舞ったりしている4才。

母思いの、物分かりのいい子だから、余計、自分の中にためて我慢してしまう性格の姫で、それがわかるだけに、何とか楽しませてあげたいと必死な妹。

たまに、貯まっていたものが爆発したようにワーッっと泣いたりする姫に、妹は決して叱らず、「いいのよ、いいのよ、いつも我慢させちゃってごめんね~」と言いながら、ギューっと抱きしめています。

私も、妹と姫の両方の気持ちがわかるだけに、こういう時は辛いです。

いつもは「姫たちには少し我慢してもらってでも、まず妹自身の治療を優先しないと・・」と言っている私なんですが、今日はあまり強くは言えませんでした。。。

でもでも、やはり、妹の治療をきちんとやるべきなんですよね。

私には子供がいないから、こうやって理づめにしてしまう傾向にあるけれど、でも、やっぱり、妹には、姫達の母として、いまは苦しい選択ても治療に専念する義務がある気がするんです。
それは、長ーい目で見て姫達のためになると思うから。

よっしゃ!今週は、jojoが幼稚園代わりに、出来る限り姫っこ達の相手をたっぷりすることにしよう!
明日も、明後日も!それにお菓子も作りましょう!
だから姫達よ!ママを守ってあげてね!

今日は、母とさつまいもを潰して、りんご煮も混ぜて、スイートポテトを作ったんだね。
ママの帰りを今か今かと待っていたね♪ 姫っこふたりして玄関で妹に飛びついて行ったね。
美味しかったよ~♪♪ さて!明日は何を作ろうかな(^^)

明日になれば、きっともう少し妹の気持ちも落ち着き、自分で納得して決めた予定の結論をだしていることでしょう。
妹よ。ファイトだ!!そして姉さんは必ず良くなる日が来ると信じているから!
[PR]

by jojo1609 | 2009-10-19 23:26 | 乳がん

<< 一晩明けて バーベキュー、そしてオークショ... >>